【サイト運営の想い】

私たち、株式会社美容経済新聞社では、業界専門誌「月刊エステティック通信」を全国2万店のサロンオーナーに向けて毎月発行しております。

このエステティック通信誌は、定期購読を専門に扱う「富士山マガジンサービス」の美容専門誌部門において、長らく販売実績No1を獲得するなど業界に根差したビジネスを行ってきました。

そんな私たちは、もっと多くの方々にエステティックの良さを知っていただきたいと思っています。私たち業界誌の目指すことは、業界の発展であり産業の育成です。

そこで、エステティック通信編集部では業界への貢献を高めるため「業界活性化プロジェクト」を社内に立ち上げ、業界誌として知りえた情報の一部を一般消費者の皆さまにも提供することで『エステティックの良さを知っていただこう!』と考えました。

その第一弾が、VIO脱毛を安心して利用いただくことを目的としたこのキャンペーン活動です。

今の日本において、脱毛はとても一般化したものになりました。

また、脱毛の方法も、医療機関、エステサロン、ホームケアなど多様な選択肢があります。

今回は、脱毛の中でも、最も消費者の方々が不安であり心配であり気になるV・I・O脱毛を専門にした情報提供ホームページを開設することにしたのです。

ハイジニーナ脱毛は、もともと海外のモデルや芸能人の影響で、2000年初頭から話題になり、いわゆるアーリーアダプター層にヒットし始め、2010年頃から普及化が進み、今や男性も関心を持つサービスです。

また、一部関係者の間では、”介護脱毛”という新しいキーワードが昨年(2017年)から話題となっており、高齢者の介護において清潔さを保つための有効な手段ではないかとの議論がおきています。

このように消費者の皆様の関心が高く、またライフケアへの意義もあるVIO脱毛ですが、特に、エステ脱毛はまだまだ誤解も多く、また実際にトラブルがあることも事実です。

私たちは、単にエステサロンでの美容脱毛を宣伝したり啓蒙したりするのではなく、消費者の方々にとって、選択肢があるのだと言うこと、そしてそれぞれの良さを理解して利用して頂きたいということを願い、このホームページを開設しました。

情報提供方法については、他のホームページに習い、できるだけ消費者の方が見やすく、選択し易い形態をとることにしました。

掲載するコンテンツは、エステ脱毛を提供するエステティックサロンから、医療脱毛を提供する美容クリニック。そして一部のホームケアについても情報を掲載しております。

そしてまた、脱毛の後に必要なアフターケアについても触れていますので、ぜひご参考ください。

このサイトをご覧いただいた多くのユーザ様が、安心して納得して脱毛サービスを御利用いただくことを願っております。

株式会社美容経済新聞社 エステティック通信編集部一同