VIO脱毛(ハイジニーナ)のメリット&デメリットってどんなこと?

女性にとってアンダーゾーンのムダ毛は、水着をきれいに着る為はもちろんのこと、彼氏さんやパートナーさんに見られてしまう機会のあるシークレットゾーンであるため、ヘアスタイルに拘るのと同じぐらい、「良い女と思われるために決して手を抜くべきでない」最も大切と言える部位です。

ただ「アソコの毛は気になるけど、費用をかけてわざわざVIO脱毛する意味あるの?」と、VIO脱毛をわざわざプロに任せるメリットがイマイチピンときておられない方もおられるようです。

今回は、元脱毛サロン店長の編集部スタッフが「プロに任せるVIO脱毛のメリット・デメリット」をリアルに解説してまいります。

VIO(ハイジニーナ)脱毛メリットとは?

それではVIO(ハイジニーナ)脱毛を行う事で得られるメリットとは、実際にどのような事が考えられるのでしょうか?そのポイントを以下に挙げてみました。

・水着やビキニラインが見える衣装がきれいに着こなせる

・生理・おりもの・排便時が衛生的に過ごせる

・アンダーヘアーによる下着のチクチク・汗ムレが緩和される

・異性受けが良くなるアンダーゾーンを実現できる

・近い将来のアンダーヘアーが白くなる老化現象を防止できる

水着やビキニラインが見える衣装がきれいに着こなせる

大方の皆様が「アンダーゾーンのムダ毛をお手入れしなくちゃ!」と切羽詰まられる機会がこの「水着を着る」タイミングではないでしょうか。

さすがに水着を着られる際に、ビキニラインのムダ毛をそのままにされていることはないでしょうから、VIO脱毛をされていない方は、ご自身でカミソリなどの手段を使い自己処理をする事になられると思いますが、カミソリによるV、Iラインの自己処理をされてしまわれた方の中には、

・余計にアンダーヘアーが濃くなった

・ビキニライン部分がカミソリ負けし、ひどいことになってしまった

という悲惨な状態になってから、脱毛サロンにお越しになられる方が少なくありません。

カミソリによる自己処理がやっかいなのは、いったんこのような状態になられてしまった場合は、自力で元の状態に戻すことは不可能となってしまいます。

エステやクリニックで行っているVIO脱毛は、こういった「カミソリ負け」の症状も、ほぼきれいな毛穴の状態に戻すことができ、ビキニラインの仕上がりもかなり満足のいく結果にすることができるのです。

生理・おりもの・排便時が衛生的に過ごせる

VIOを脱毛の中でも特に「Iライン」(性器周り)、「Oライン」の脱毛をする事で、得られる点の中に、以下のような事が快適・衛生的に保てるという事があります。

・生理中

・おりもの

・排便

そしてI,Oの脱毛を行うことで、具体的に以下のような状態にすることができます。

・Iラインの毛を無くす-生理の時の経血、排卵日などのおりものが毛に付着しなくなる

・Oライン(肛門周り)の毛を無くす―排便の際、清潔に陰部・肛門回りを保てる

膣内や肛門はただでさえ雑菌が侵入しやすく、様々なアンダーゾーンの病気にもつながるデリケートな箇所です。これらの部位の毛が無くなることで、IラインやOラインを半永久的に清潔な状態に保ちやすくなることは、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

アンダーヘアーによる下着のチクチク・汗ムレが緩和される

これは特にVライン、Iラインの毛がなくなることで、得られるメリットとなります。女性は、本来アンダーゾーンを健やかに保つためには、コットン素材のパンティーをお召しになって頂くに越したことはないのですが、皆様デザイン性の問題もあり「ナイロン・化学繊維素材のパンティー」をどうしても好んで着用される傾向にありませんでしょうか。

こういったナイロン・化学繊維素材のパンティーを着用する場合、以下のような事がやっかいになってきます。

・パンティーとアンダーヘアーが擦れてチクチク

・下着の汗ムレ・ムレによるかゆみ

・黒ズミを起こしやすくなる

これらの症状をアンダーヘアーのケアを伸ばしっぱなしにしてしまわれ、慢性的に着用し続けた場合、

・Vゾーンまわりの皮膚の肌荒れ

・おりものが多くなり、膣内雑菌系の病気につながる

などの症状を引き起こす原因につながりやすくなります。

また化学繊維の下着による擦れなどで、アンダーゾーンの黒ズミも起こしやすくなりますので、脱毛によりアンダーヘアーがきれいに無くなることでこういった症状がずいぶんと緩和されるようになります。

異性受けが良くなるアンダーゾーンを実現できる

冒頭で申し上げましたように、アンダーゾーンは女性にとって最も大切な「シークレットゾーン」であることは間違いありません。異性から見た女性のアンダーゾーンの毛の好みについては、「無毛(ノーヘアー・パイパン)が好き!」「あくまで自然な形が良い!」など、その男性によっても要望が異なるものではありますが、男性の意見として大方共通している事は、「女子のアソコの毛はきちんと手入れされている方が良い」という男性が大半であることは間違いないようです。

もちろん中には、「彼女のアソコの毛がどうでも全く気にしない」という自然派好きの男性がいることも事実ですが、ただ逆に言いますと「伸びきってボーボー...のアソコが好き!」という男性がよほど稀有な存在であることは、皆様もご想像に難しくないのではないでしょうか。

ちなみにアンケート結果ではありませんが、編集部スタッフが脱毛サロンの責任者をさせて頂いていた頃、当サロンは、月間300名様ほどのお客様が来店頂いていたサロンでございましたが、当サロンのお客様方の80%以上がVIO脱毛付きのコースを何かしら行って頂いていたお客様です。そしてVIO脱毛を行って頂いていたお客様の約70%以上の皆様が「彼氏・異性受けを考慮したVIOの形にしたい」というご意向をお持ちのお客様方でございました。

またアンダーゾーンの毛のお話は、女性の友人同士でも、あなたはどんな形にしているの?などと話題にされることは難しいですよね?つまり、女性の友人同士で相談し合うことがなかなか困難なため、皆様「こんな形が異性受けする」という情報はほぼご存じない事になってしまうのです。

私共脱毛サロンのスタッフは、こういった「異性受けするVIOはどんな形にするのが良いの?」という皆様のご要望やご相談にお応えするべく、日々異性受けするアソコの形をお客様におススメさせて頂いていますので、数々の皆様にこのような事をおこなっている分おのずとこれらのデータに詳しくなってしまうのです。

つまりご友人にも話しにくい皆様の理想のアンダーヘアーの形を、サロンスタッフやクリニックのスタッフさんは、皆様と一緒に考える重要な役割を担いますので、ぜひご自身が気の許せるスタッフさんのいるサロンやクリニックでVIO脱毛をされることをオススメします。

近い将来のアンダーヘアーが白くなる老化現象を防止できる

もし貴女様がまだ20代の方でいらっしゃる場合、この問題はまだまだ先の遠いお話となりますが、30~40代、アラサー、アラフォーの大人女子の方でしたら、この問題は、「近い将来必ず訪れるシビアな現実」となります。

老化現象は1日でも遅くおとずれてくれることに越したことはありませんが、平均的に頭髪の白髪に関しては、早い方ですと40代に入る前の直前の30代世代の方から徐々に始まっていくようになりますが、アンダーヘアーの毛の色が白く変わっていく現象は、早い方ですと、40代の後半から徐々に始まったいくようになります。

頭髪は何とか染毛などでごまかすことができますが、この部分の色素が無くなってしまった状態は、女性として、ご主人やその時の異性パートナーにも、「絶対に見られたくない!」と思ってしまうはずの非常にシビアな現象です。

将来必ずおとずれるであろうこの時期から逆算しますと、なるべく1歳でもお若い間にアンダーゾーンのVIO脱毛を済ませてさえおけば、この問題で悩まずに済むようになるのです。

アンダーゾーンの毛が白くなってからは光脱毛はできない

人間その時の状況に切羽詰まらないとなかなかその気にならないものではありますが、

この問題がさらに切実なのは、エステサロンで使用している光(IPL)脱毛機は、基本的に黒いものにしか反応しないため、

毛が白くなってしまってからだと

今現在一部のサロンでしか提供していない電気脱毛(ニードル脱毛)は、毛根から直接抜いてしまいますので、白くなった毛でも脱毛は可能ですが、電気(ニードル)脱毛は、施術に激痛が伴う、費用も高くつくなどのデメリットもあり、安価でスピーディー、痛みも最小限の光(IPL)脱毛で、完全な状態でVIO脱毛が行うことができるのは、40代前半~半ばぐらいの方までが開始される最後の年代だと言えるでしょう。

VIO脱毛は、それなりに完了までの回数が3年ほどかかってしまうことも考慮しますと、

少しでも思い立たれたきっかけで、アンダーヘアー老化防止のために早めにVIO脱毛をお始めになられることをオススメします。

VIO(ハイジニーナ)脱毛デメリットとは?

それでは、VIO脱毛を行う上での「デメリット」とはどういった事があるのでしょうか?

・アソコを人前で見せないとならないのは恥ずかしい

・VIO脱毛には痛みが伴う

・彼氏やパートナー毛の量を少なくし過ぎると「遊んでる」と思われる

アソコを人前で見せないとならないのは恥ずかしい

これはVIO脱毛をプロに任せる以上、致し方がない点ではありますが、いくら施術のためとは言え、人前でめったにさらすことのない大切な部分を施術担当者に見られてしまうことは、決して気持ちの良いものではありませんし、恥ずかしいことこの上ありません。

もちろん施術を行う方のエステティシャンや看護師さんは、職務ですので、毎日いろんな方のアソコを見ることになっていますから、彼女達がひたすら気にしているのは皆様の「毛の状態」だけです。施術スタッフは、皆様のアソコの形がどうとかを気にする余裕はほぼありませんので、どうかこの辺りは皆様もお気にされないように気持ちを切り替えて頂くようにお願いします。

また、VIO脱毛の施術時は、Tバックの紙ショーツなどを着用頂き、少しずつずらしながら行いますので、「完全スッポンポン」の状態ではありませんのでご安心ください。

VIO脱毛時は恥ずかしいのはやまやまですが、いわゆる「婦人科の検診」と同じようなカテゴリーだと割り切って頂き、VIO脱毛の施術そのものに皆様が慣れて頂くしかありません。恥ずかしいのは最初の数回だけですので、一度どのようなものかVIO脱毛の体験プランなどから徐々に慣れて行ってくださいませ。

VIO脱毛には痛みが伴う

最近のエステサロンの光(IPL)脱毛機、クリニックのレーザー脱毛機はほとんど痛みが緩和されてきておりますので、施術時に「痛い」と感じることもかつてに比べると少なくなってきてはおりますが、それでもIラインとOラインは、正直なところ響く(多少の痛みで)ことは間違いありません。

しかし、これに関しましても、脱毛開始時は、毛が濃く毛の量も多い為、黒い部分が多い状態であるがゆえに痛みが増すことになります。脱毛回数を経ていくごとに、当然毛の量は減っていきますし、毛穴が落ち着いてきますから、徐々に痛みは緩和されていきます。こちらに関しましても百聞は一見に如かずで、まずはVIOの体験プランなどにより、どの程度の痛みか、耐えられる程度の痛みかをご自身でご確認頂くことをオススメします。

彼氏やパートナー毛の量を少なくし過ぎると「遊んでる」と思われる

これはVIO脱毛により、パイパン(無毛)の状態にしたり、やたらと毛の量を少なくし過ぎた場合に、「こいつ遊んでるのかな?」または「他に誰かできたのかな?」などと勘ぐられる可能性もゼロではないという意味のデメリットです。しかしこれは、正直なところ皆様の彼氏さんやパートナーさんがどのようなタイプの男性であるかに非常によるところが大きいと言えます。

もし、既に彼氏さんとこういった事をフランクに話せる関係でしたら、VIO脱毛をされるう前にどのような形が良いか、彼氏さんの要望を聞いてから行うことも一つの手ですが、まだお二人がそういった関係でない、またはこれからそういった関係になるかもしれないという場合は、かなりリスキーな結果になることもあります。無難にいくようでしたら、

あくまで不確かな場合、「自然な形のVIO」にされてみて、また後々必要があれば毛の量を少なくしていかれる...ということでも良いのではないでしょうか。

VIO脱毛は、一度毛の量を減らしてしまいますと、「やっぱり戻したい」ということが100%不可能になりますので、最初は様子を見て、徐々に少なくしていかれる方がよいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?今回は、「VIO脱毛を行う事でのメリット・デメリット」を、元脱毛プロの見解からリアルに解説させて頂きました。VIO脱毛は、始められる前は色々ご不安かもしれませんが、最初の壁を取っ払ってしまいますと、「やって良かった」と後で絶対後悔することの方が少ない施術です。一度やってしまうと一生モノですから、思い立ったら吉日で行動してしまいましょう。