家庭用脱毛器って本当に使える?知っておきたい「自宅でVIO脱毛」のリスク

自宅で手軽に行えることから人気の家庭用脱毛器。近頃では価格もぐっとお手頃になっているため「サロンに通うのが面倒…」「サロンよりも安く済ませたい」といった人から高い人気を集めています。

主に腕や脚、ワキをセルフ脱毛する人が多いのですが、中にはVIOまで自宅でセルフ脱毛しようとする人もいます。

ですが、VIOのセルフ脱毛はとてもハイリスク。今回は、脱毛サロンの元店長が「自宅でVIO脱毛をおすすめできない理由」について解説していきます。

流行中の「セルフ脱毛」ってどんなもの?

これまでのムダ毛処理方法といえば、カミソリや電気シェーバーで剃るか、除毛クリームや除毛フォームで溶かして取り除くのが一般的。近年では、ワックス脱毛や家庭用脱毛器を使った「セルフ脱毛」がじわじわとブームとなっています。

サロン脱毛と比較すると「安く済む」「コスパが良い」と考える人が多いのもわかるのですが、セルフ脱毛には思わぬ落とし穴があります。

脱毛マシンは安全でも…知っておきたいセルフ脱毛のリスク

セルフ脱毛がハイリスクであると述べましたが、家庭用脱毛器そのものが危険であるというわけではありません

いずれの製品も各メーカーが安全性に配慮してつくっているものですので、家庭用脱毛器自体はそう危険性の高いものではないのです。

照射のパワーを強めれば脱毛効果が高まる?間違った知識がリスクを高める

脱毛サロンで店長を務めていたときに、お客様から「もっと脱毛マシンのパワーをあげられませんか」と尋ねられたことがありました。

実は、このお客様のように「脱毛マシンのパワーを上げれば脱毛効果があがるのでは」「パワー最大にしてもらえばスピーディーに脱毛できるのでは」と信じている人は少なくありません。

サロンで脱毛の施術を行う場合、「適正レベル(パワー)」で照射を行います。脱毛マシンのパワーは簡単にあげることができますが、適正レベルを超えた強い光を当ててしまうと、肌トラブルが起こってしまう原因になりかねません。

熱が入りすぎることによる肌の乾燥やヤケド、色素沈着などのトラブルが起これば、仕上がりにも悪影響をおよぼしますから、適正レベルでじっくりと脱毛をうながしていくことが非常に大切なのです。

ですが、セルフ脱毛の場合「ムダ毛をいち早く抜き去りたい」という思いから、自己判断で照射レベルを上げてしまう人が少なくありません。「それ以上は危険です」と制止してくれる人もいないため、エスカレートしないよう注意が必要です。

VIO脱毛は経験が問われる高リスクな施術

VIOは体のほかの部位を比較して皮膚が薄く、外的刺激に弱い部分です。そのため、ヤケドなどの肌トラブルが起こるリスクが高く、慎重な施術が求められます。

また、VIOの照射範囲はせまく、丸みを帯びているため均一に照射するのが難しい部分でもあります。

皮膚が薄い分痛みも出やすく「痛い!」と急に体勢をかえてしまったことで照射にムラができてしまったり、当て漏れが出てしまったり…といったリスクも伴います。リスクが高いからこそ、実績や経験のあるサロンや施術スタッフに任せるのがおすすめなのです。

VIO脱毛は、脱毛サロンでさえ「経験が浅い人に任せるのはリスクが高い部位」。脱毛のトラブルは家庭用脱毛マシンでも同じように起こり得ますから、セルフ脱毛ではさらにリスクが高まることを覚悟しておかなければなりません。

家庭用脱毛器のほとんどは出力表示がされていない

家庭用脱毛器でのVIO脱毛がおすすめできない大きな理由に「出力表示」が明確でないことがあげられます。

「脱毛サロン並みのパワーをご自宅で」といったうたい文句の家庭用脱毛器であっても、実際にどのぐらいの出力があるかどうか明示されていないケースがほとんどです。

出力表示がなされていないということは、適正な出力で照射できるものかどうかもわからないということ。

「思っていたよりも抜けない」「肌トラブルが頻発してしまう」といったトラブルも想定できるので、家庭用脱毛器を購入するのであれば、せめてきちんと出力が表記してあるものを選ぶようにしたいものです。

少なくとも、大方の脱毛サロンは顧問医師が必ずいますし、医療クリニックは医師の監督下でそれぞれの機械を扱う環境であり、万が一のときのフォローも万全です。

また彼女たちは「体毛のことを熟知し、毎日かなりの件数のVIO施術にあたっているプロフェッショナル」が施術にあたるわけですから、皆様のセルフ脱毛でトラブルが起こる確率はかなりの割合で違ってくるはずです。

まとめ

ほかの部位と比較してデリケートなVIOは、施術に経験が問われる部位といえます。家庭用脱毛器を使ってセルフ脱毛する人も増えてこそいますが、やはりハイリスクであることはいなめません

脱毛サロンの多くは病院と提携していますし、医療クリニックは医師の管理下で施術が行われるため、万が一肌トラブルが起こったときのフォロー体制が万全に整っているというメリットがありますので、VIOは専門家のもとで脱毛を行うことを強くおすすめします。