安さで選んじゃだめって本当?VIO脱毛が「値段に釣られてはいけない理由」

格安で全身脱毛ができる専門サロンが急増している昨今。以前なら高額でとても手が届かなかった全身脱毛に気軽にトライできるようになったのは嬉しいものです。

ですがVIOの脱毛の場合、全身まとめて脱毛できるような格安脱毛サロンで施術を受けてしまうのはハイリスク。業界の内情を知ったうえでいわせていただければ、あまりおすすめすることはできないのが実情です。いったいなぜでしょうか。

今回は、格安脱毛が主流の昨今、VIO脱毛だけは値段に釣られるべきではない理由を、脱毛サロンの元店長が解説します。

なぜ?VIO脱毛を格安施術すべきではない理由

光(IPL)脱毛マシンを使って、全身を一度にまとめて脱毛できるサロンが急増中の昨今。

施術を受ける方からすれば、気になる部分を少しずつ脱毛していくよりも「格安にできるのなら全身を一気に脱毛できた方がコスパも良く、時間も短縮できていい」と考えるのは当たり前のことかもしれません。

ですが、格安全身脱毛をウリにするサロンには大きな落とし穴があるケースが少なくありません。それは、施術スタッフの技術力不足です。

そもそも光(IPL)脱毛マシンの操作はそう難しいものではありません。最近では高性能の家庭用脱毛マシンも市販されていますが、脱毛をする部位に黒色(メラニン色素)に反応する光を照射するだけで脱毛することができるので、専門的な技術などいらずに施術することができてしまいます。

ですが、VIO脱毛に関しては「光を当てれば誰にでも脱毛できる」というわけにはいかないのです。

格安全身脱毛サロンの本音は「VIOと顔は省きたい」

全身脱毛コースのみを格安で提供している脱毛サロンの情報を見てみると「VIO+顔はのぞく」といった注釈が小さく挿入されていることが少なくありません。

実は、格安全身脱毛を行っている脱毛サロンでは「VIOと顔の脱毛はできるだけ施術したくない」のが本音です。

なぜなら、「VIOと顔の脱毛は、体のほかの部位と比べて施術の手間がかかるうえ、リスクも高いから」。顔もVIOも、皮膚が薄くデリケートな部位。照射時の光の熱によってヤケドなどのトラブルも起こりやすいため、加減が難しい部位といえます。

格安全身脱毛をおこなっているサロンの場合、サロンの規模を急激に拡大させている店舗も多く、施術スタッフを急ごしらえしているケースが少なくありません。現場にスタッフを補充させるために、研修をさっと終わらせ、すぐに施術を担当する…といったことも少なからず起こっています。

トラブルの起こりにくい脱毛部位であればそれほど大きな問題にはならないかもしれませんが、デリケートな部位に照射をする場合、できるだけ経験の豊かな施術スタッフに担当してもらうか、実績の多い脱毛サロンで施術を受けるのがおすすめです。

格安全身脱毛サロンでVIO脱毛を施術するリスク

「VIOと顔は除く」という格安全身脱毛サロンが多く存在する一方で、最近では「VIOの脱毛もOK」というのをウリに掲げるサロンも増えてきました。

格安脱毛サロンが急増している昨今、「全身脱毛にVIOが含まれるかどうか」で差別化をはかるのが目的です。

とはいえ、やはり新鋭のサロンに経験豊かな施術スタッフが在籍しているかどうかは微妙なところです。在籍こそしていても、急ごしらえの施術スタッフにばかり当たってしまうのでは意味がありません。

はっきり言って、VIO脱毛は経験の少ない施術スタッフに任せてはいけません。ヤケドなどのトラブルのリスクが高まるだけではなく、仕上がりにも差が現れるからです。

VIO脱毛に技術レベルが必要な理由は?

では、いったいなぜVIO脱毛に技術レベルが求められるのでしょうか。VIOは皮膚が薄く、女性器にも近い非常にデリケートな部分です。

皮膚が薄いということは、それだけ敏感な部位ということ。刺激にも弱いため、施術には細心の注意をはらう必要があります。

さらにVIOは形状も丸みを帯びており、照射範囲も狭め。不慣れなスタッフが施術にあたってしまうことで、照射漏れが起こるリスクもあります

もちろん、こういったトラブルは起こってはならないものですが、少なからず起きているのが実情です。

デザインなどをオーダーする場合は特に注意

VIOの脱毛と一口にいっても、すべての人が「オールオフ(全脱毛)」を選ぶわけではありません。VIOはただすべての毛を抜き去るだけではなく「毛を整えて残したい」「毛の量を減らしたい」「薄くしてからかたちを整えたい」などさまざまなオーダーをすることができます。

このとき、注意しなければならないのが「照射の失敗」です。

照射の失敗でもっとも危険なのは想定していた以上に脱毛してしまうことかもしれません。
当たり前のことですが、抜いてしまった毛は元に戻すことはできません。

美容室で髪の毛を切りすぎてしまった場合は「そのうち伸びるのだから」で済むかもしれませんが、脱毛で抜きすぎてしまった場合は、いくら待っていたとしても生えてくることはありません。

「薄くしたい」という場合には、適切な照射回数を見極めることが大切になりますし、「毛を整えて残す」場合は、残す部分を避けて照射するなど技術が必要になります

抜いてしまったら元に戻せないからこそ、VIOの脱毛は価格だけで選んではいけないのです。特にかたちを整えて残したいなど詳細なオーダーがある場合は、技術力で選ばないと悔いを残す可能性も大いにあります

まとめ

格安全身脱毛コースを実施している脱毛サロンのすべてが「技術力不足のサロン」というわけではありません。

ですが、やはり実績のある脱毛サロンと比較すると経験豊かな施術スタッフの在籍割合は少ないのが実情です。また、全身脱毛コースをメインに打ち出しているサロンの多くは、体験もせずにいきなり本契約というかたちをとっているところが少なくありません。

格安なので「体験せずに契約してもいいかな…」と思ってしまいがちですが、脱毛は実際に体験してみないと、痛みの度合いや効果、施術スタッフとの相性などもわからないものです

いきなり本契約を迫るサロンではなく、体験プランでお試しからのスタートがおすすめです。