いまさら聞けない!VIOの正しいシェービング方法は?

脱毛サロンでは、光脱毛の照射を受けるまえに脱毛部位のシェービングを行うのが一般的。サロンにもよりますが、シェービングは予約日までに自分で済ませておくのが基本です。

とはいえ、シェービングってどこをどこまで処理したらいいんだろう」と頭を抱えてしまう人は少なくないはず。

特にVIOはお手入れの仕方がわからず、シェービングも未経験という人もいるのではないでしょうか。

今回は、脱毛サロンの元店長が正しいシェービング方法をレクチャーします。

VIO脱毛の事前処理のために必要なアイテムは?

まず、用意しておきたいシェービングアイテムをご紹介します。

顔剃り用の電動シェーバー

シェービングに使用するカミソリは必ず「顔剃り用」のものを使用します。「剃れればT字カミソリでもいいよね」と自己判断をせず、顔剃り用のカミソリを用意しておきましょう。

剃りやすさと安全面を考慮するとI字の電動シェーバーがおすすめです。VIO脱毛をするなら今後何度か使うことになりますので、購入しておいて損はないでしょう。

ミラー(立てて使えるもの)

ミラーは剃り残しがないかチェックするためのもの。手鏡サイズのもので構いませんが、片手で持たなければならないものではなく、立てて使えるスタンドミラータイプがおすすめです。

眉ハサミ

アンダーヘアがふさふさと生えている状態ではシェービングしにくいため、まずは眉ハサミを使って毛足を短く整えておくとスムーズです。

保湿をするためのジェルやローション

シェービング後の肌はとても敏感で、乾燥しやすく肌荒れを起こしやすい状態になっています。乾燥状態が目立つとサロンによっては施術NGとされることもありますので、シェービング後は保湿が必須です。ケアを怠らないようにしましょう。

希望のかたちに残して剃る!VIOの正しい事前処理方法とは?

VIOの脱毛といっても、すべての人がオールオフ(全脱毛)を希望するわけではありません。IラインとOラインの毛は抜き去り、Vラインのみ毛の一部を残したり、Vライン全体の毛を薄くしたり…と、あえて毛を残して整える人がとても多いのが実情です。

VIO脱毛の希望のデザインについては初回カウンセリング時にヒアリングが行われるケースが多いのですが、サロンによっては「ご希望のかたちに剃ってきてください」とお客様にゆだねる方針をとっているケースもあります。

そういったサロンの場合、VIOのデザインはシェービング次第となってしまいますので、事前の処理によって仕上がりが左右されてしまうことになります。

シェービングに自信がないという人でVIOの毛の一部を残して整えたいという人は、デザインまできちんとフォローしてくれるサロンを選んだほうが賢明です。カウンセリング時にかならず確認しておくようにしましょう。

VIO脱毛の手順

準備が整ったらさっそくVIOのシェービングをはじめます。

1.まずは事前にアンダーゾーンを清潔に

シェービングをはじめるまえに、下半身をしっかりと洗浄し清潔にします。

汚れた体のまま剃りはじめてしまうと、剃毛でダメージを受けた肌に雑菌が入り込み、肌荒れの原因となることがあるため注意が必要。できるなら入浴後の処理がベターです。

2.Vラインを処理してみよう
VIOどの部位からシェービングをはじめてもかまいませんが、まずはもっとも範囲の広いVラインからスタートするのがおすすめです。

オールオフ(全脱毛)の場合はそのまま剃ってしまってかまいませんが、問題は部分的に残したい場合。バランスが悪くなってしまったり、剃りすぎてイメージとかけ離れてしまったり…とセルフシェービングだとなかなか難しいのです。

Vラインの一部を残したいという人は、「Vライン専用プレート」を使うのがおすすめです。理想のVラインをかたどったプレートをVラインにあて、その形にそってシェービングするだけで思いどおりの形状に剃れるというもので、あてがう位置さえズレなければ誰でもきれいなかたちのVラインに整えることができます。

Vライン専用プレートは市販もされていますが、VIO脱毛のメニューがある大手サロンなどでは契約時に無料で配布してくれることもあるので、カウンセリング時に確認しておくとベターです。

Iラインの処理方法

鏡の前に座り、ひざを立てて足を大きく開きます。オールオフ(全脱毛)する場合はすべての毛を剃り落としますが、「ショーツからはみ出る部分だけを処理したい」という場合は、ショーツを穿いたまま脇からはみ出ている部分を処理すればOK.。脇からはみ出ている部分を毛の流れに沿って軽く手を動かしましょう。

このとき、深剃りしようと力を入れすぎないように注意。電動カミソリなら比較的安全性は高いものの、力を入れすぎることで肌を傷つけてしまったり、残したかったところまで剃ってしまったり…というリスクが高まります。

Iラインはシェービング後、チクチクしてしまいがちな部位ですので、シェービングローションなどで保湿をするなど特に念入りにケアを行うのがおすすめです。

Oラインの処理方法

Oラインは肛門まわりの毛のこと。Iライン同様の姿勢で剃ってもかまいませんが、人によっては「剃りにくい」と感じるかもしれません。Oラインは、鏡を床に置き、その上にお尻を浮かせてしゃがむようなかたちで処理を行うのがおすすめです。

Oラインの毛が産毛程度の柔らかさという人はそのまま剃り始めてかまいませんが、しっかりと太さがある場合は、蒸しタオルで肛門周辺を3分ほど温めてから処理を始めると、カミソリの刃が引っかかりにくくなりうまくいきます

Oラインの毛は鏡を使っても確認しにくく、手探りに近い状態でシェービングする必要がありますので、くれぐれも慎重に行いましょう

使用した道具は消毒の徹底を

意外と忘れがちなのが使った道具の消毒です。眉ハサミや電動カミソリは、消毒用エタノールを薄めたものを使ってコットンで拭い、次回使用時まで清潔にしておくようにします。

また使い捨てのカミソリを使う場合も「まだ使えそうだから」と再使用せず、都度新しいのに買い替えるのが大切です。

まとめ

VIO脱毛を行ううえで、避けてはとおれないシェービング。最初のうちは難しく感じるかもしれませんが、慣れさえすれば大した手間ではありません

どうしてもうまく剃れない…という場合は、脱毛をするサロンやクリニックの施術者に相談してみることをおすすめします。