VIO脱毛を安心して受けることのできるサロンとは?

VIO脱毛をエステ脱毛で安心して受ける事ができるサロンを見極める基準は、「エステサロンでVIO脱毛を受けるデメリット面」が少ないサロンを選ぶことです。主に以下の点は重視したほうが良いポイントです。

  • 長年の確かな信頼と実績がある程度保証されている技術力
  • VIOに対する確固たる知識を徹底している
  • 最新機械・施術方法によりなるべく最短での脱毛完了が実現できる

ここからはこれら3点をクリアしている、おすすめの脱毛サロンを紹介します!


おすすめ脱毛サロン


銀座カラー
痛みが少なく効果に満足できる

銀座カラー

銀座カラーはVIO脱毛を含む全身22箇所を、まるごと脱毛できるコースが充実しています。早く効果を実感していただくために、1年に8回の来店が可能。1回の施術時間は、全身脱毛が60分で完了できます。 痛みに耐えながら脱毛してもらうのではなく、一人ひとりの毛質や体質に寄り添って進めてくれるので、納得してから脱毛をスタートできます。店舗は全国にオープンしているので、通いやすいことでも評判です。

ミュゼ
痛いVIO脱毛だけは絶対にイヤ!なら

ミュゼ

ミュゼプラチナムの脱毛方法は、抑毛成分が配合されたジェルと光によるS.S.C方式の美容脱毛。痛みを強く感じるVIOゾーンも、リラックスしながら最後まで施術できます。 ミュゼは店舗数がサロン界でトップクラス!連絡ひとつで好きな場所に店舗移動がいつでもできます。引っ越しや出張先など、都合に合わせてコンスタントにVIOゾーン脱毛ができますよ。アフターサービスでは、ミルクローションで肌を滑らかに整えてくれます。

プリート
VIOラインを広範囲で脱毛したいなら

プリート

プリートは脱毛サロン業界初のVIO脱毛専門店!たしかな技術力としっかりとした衛生面が、口コミでも「すごくイイ!」と高い評判を得ています。 自己処理では難しいVIO脱毛も、技術力を学んだスタッフが対応してくれます。脱毛はボクサーパンツを履いた部分まで、骨盤から太ももの付け根と広い範囲を施術してもらえます。仕上がりも脱毛をしていない部分との境目が自然なので、周囲にバレる心配もありません。

 

おすすめ脱毛クリニック

アリシアクリニック
脱毛完了までスピーディー!痛みなしなら

アリシアクリニック

アリシアクリニックの全身脱毛は、VIO脱毛が含まれているから低コストで脱毛が完了できます。1回あたりの脱毛時間も短く、早い段階で脱毛効果が実感できます。 痛みや赤みの出やすいVIO脱毛ですが、アリシアクリニックは従来タイプではなく、トラブルの少ないダイオードレーザーを使用しています。同時に独自の吸引システムにより、皮膚を引っ張りながら施術するので、ほぼ無痛で施術してもらえます。 肌トラブルを避けて脱毛したい人におすすめです。

リゼクリニック
痛みにしっかり対応する

リゼクリニック

リゼクリニックのスタッフは、全員レーザー脱毛済み。痛みや肌の状態を知っているからこそ、施術時は細心の注意を払いながら脱毛してくれます。口コミでも「痛くない!」と有名です。痛みが怖い人のために、麻酔も用意しています。 施術前は医師によるカウンセリングからスタートできるので、はじめてのVIO脱毛で不安があっても大丈夫。納得してから脱毛開始できるので、失敗なく進められます。

湘南美容クリニック
トータルコストを安く抑えたいなら

湘南美容クリニック

プリートは脱毛サロン業界初のVIO脱毛専門店!たしかな技術力としっかりとした衛生面が、口コミでも「すごくイイ!」と高い評判を得ています。 自己処理では難しいVIO脱毛も、技術力を学んだスタッフが対応してくれます。脱毛はボクサーパンツを履いた部分まで、骨盤から太ももの付け根と広い範囲を施術してもらえます。仕上がりも脱毛をしていない部分との境目が自然なので、周囲にバレる心配もありません。

脱毛サロンでVIO脱毛を行う場合のメリット・デメリットとは?

【メリット】
  • 費用はクリニックよりも安い
  • 他の人のVIO脱毛事情などの情報を得やすい、話しやすい
  • サロンはあくまでもサービス業なので、要望やわがままを言いやすい
【デメリット】
  • 毛根を破壊する方法ではないので完了までに時間がかかる
  • 技術不足のスタッフにあたると施術リスク(照射漏れ、火傷など)の可能性がある
  • VIO脱毛の知識不足のスタッフにあたると要望が伝わりにくい

脱毛サロンでのメリットは相談のしやすさ

デリケートゾーンに関する悩みは友人にも相談しづらいですよね。しかし「脱毛の専門家」であり、「サービス業」という位置づけのエステティシャンになら、いろんな要望にも耳を傾けてくれるので、

脱毛サロンは何かと「相談しやすい環境」の中でVIO脱毛ができる

と言っていいでしょう。

また、VIO脱毛をする人の中には「異性の目を意識している」という動機も多いですが、どのようなデザインが好まれているのかまで知ることはできませんよね。

そこで参考になるのがエステティシャン達の実体験や、他のお客様たちから聞いた情報など、ネットではない生の情報です。真意のある話を聞くことで、心理的にも安心感を得ることができます。

もちろん、脱毛サロンによって対応は異なりますが、大半のエステティシャンはお客さまがオープンに話をしてくれることを望んでいます。

友人には言いにくい話や聞きづらい質問も、お客さまがぶっちゃけてくれることで、適切な対応やより質の高いサービスを提供することができると考えて良いでしょう。


美肌ケアに着目したメニューが充実している

脱毛サロンといっても元々は美を追求するエステサロンです。美と脱毛の要素が含まれている脱毛サロンは、単なる脱毛だけに留まらず「美肌の状態を実現しつつ、体毛の除去を行う」を運営目的としています。

つまり、保湿ケアやサロン独自の美肌ケアも取り入れつつ理想のVIOラインを造れるのもまた、脱毛サロンを選ぶメリットの1つと言えます。


デメリットは、脱毛完了までに時間がかかる

続いて、逆に脱毛サロンでVIO脱毛を受ける場合の「デメリット」について説明します。

脱毛サロンの最大のデメリットは、なんと言っても「毛根を破壊する方法ではないので、毛量や毛質によっては医療脱毛よりも長期間になること」です。

VIOラインは他の部位よりも完了までに時間がかかるので、脱毛サロンの光脱毛(フラッシュ脱毛)では2ヶ月に1回、脱毛完了目安の18回通うとなると約3年掛かることになります。ただ近年では、新型機械を導入している脱毛サロンも増えてきて、従来の脱毛機よりも短期間で脱毛完了を目指すことができています。


知識不足、技術不足のスタッフに当たる可能性がある

近年、全身脱毛を専門に格安で提供する脱毛サロンが増加傾向にあります。確かに魅力的ではありますが、これらの脱毛サロンに多く見られる難点は「スタッフの技術不足・知識不足」です。

脱毛施術は、手足など体の基本部位に対する施術は比較的誰でも簡単に習得できるため、元々エステティシャンとしての教育をきちんと受けていないスタッフでも、2~3週間の研修を受けた程度で実践に出ることができます。

しかしこれはあくまで基本部位の話であり、VIO・顔などの「技術難度の高い部位」の施術に関しては、全く別の話になります。全身脱毛を格安で打ち出しているサロンは、全身全体をとにかく速く・スピーディーに終わらせ、ベッドの回転率を上げることばかりに気を取られがちです。

そのため、VIOやお顔などの細かく・デリケートな部位に対する細かな知識、また技術向上に関してもどうしても疎かになってしまいますので「確かな経験と技術の確証が得られるサロン」でコース契約をするように検討するべきです。


医療脱毛クリニックでVIO脱毛を行う場合のメリット・デメリットとは?

【メリット】
  • 脱毛完了までの期間が脱毛サロンに比べて早い
  • 医療機関なので肌トラブルが起きた時の対応が迅速かつ適切
  • 施術は看護師など医療従事者が担当するので「知識不足」の不安がない
【デメリット】
  • 費用は脱毛サロンよりも高い
  • 看護師や医師に対して気軽に相談しにくい
  • レーザー脱毛は脱毛サロンの光脱毛に比べて痛みを感じやすい

医療脱毛クリニックでVIO脱毛を行うメリットとは?

美容皮膚科・美容整形クリニックなどの医療機関でVIO脱毛を受ける最大のメリットは、「脱毛完了までの期間がエステ脱毛に比べて早い」ことです。

そもそも医療脱毛は「レーザー脱毛機」を使用して施術を行います。レーザー脱毛機と脱毛サロンの光脱毛機が大きく異なる点は、「毛根組織から破壊することが可能」だということです。

脱毛サロンの光脱毛機は、毛根に熱を加えダメージを与える方法であり、毛根自体を破壊するわけではないので脱毛完了まで時間がかかります。

同じ毛量を脱毛した場合、医療脱毛は脱毛サロンよりも約3倍のスピードで完了することができるのです。

知識に対する不安なし!フォロー面も万全で安心!

医療脱毛は完了までの期間が短いだけでなく、国家資格を取得した医師や看護師などの医療従事者が診察、施術してくれるので「知識不足による不安がない」というのも大きなメリットです。


医療脱毛クリニックでVIO脱毛をするデメリットとは?

  • 費用が高額
  • 痛みが強い

最近の脱毛クリニックは脱毛サロン並みに安く施術できるところが増えていますのでそれほど大きな金額の差はない場合が多いでしゅう。また、痛みについても痛みの少ない機械もありますので、カウンセリング時に医者又はカウンセラーに相談してみましょう。